準備はOK?婚約指輪を贈る意味

婚約指輪の準備は結納までに済ませることが大切です

男性にとってわかりにくいのがブライダルリングです。なかには婚約指輪と結婚指輪の違いがわからず、悩んでいる方も多くいることでしょう。まず婚約指輪は結婚の意思を示すために準備します。プロポーズの際に手渡すこともありますが、基本的には両家の顔合わせが行われる結納の場で手渡すのが一般的です。現代において婚約指輪は愛のあかしとしてフィアンセに贈るものですが、古くは中世ヨーロッパにおいて、富を分かち合う証として贈られるものでした。そのため遅くとも結納までには準備しておかなくてはならなかったのです。結納までに婚約指輪を準備しておかなくてはならないのは、現代の日本でも同様です。ブライダルリングは一般的なファッションリングとは違い、実際に手にするまでに3ヶ月程度の期間が必要となるので、早めに準備しておくようにしましょう。

婚約指輪はデザインにこだわりましょう

婚約指輪をオーダーする際は素材にこだわってみましょう。一般的にリングに使用される素材はプラチナやホワイトゴールドがメインです。とくにプラチナは年齢を重ねてからも身に着けられる落ち着いた雰囲気を持っているので、トレンドに左右されることなく人気です。シンプルなデザインでは物足りないと感じるなら、ストーンにこだわってみるのもよいでしょう。ソリティアやメレといったゴージャスなデザインであれば、結婚指輪との重ねづけも楽しむことができます。婚約指輪のデザインで迷ったときはブライダルコーナーで相談してみましょう。セミオーダーやフルオーダーのサービスを利用すれば、実用性を重視しながらもこだわりのデザインが可能です。

婚約指輪を横浜で買いたいのであれば、元町に行くのがオススメです。元町には婚約指輪を扱っているお店が沢山あり、1日で様々な指輪を見られるので、効率良く気に入った指輪を探すことができます。

© Copyright Certified Diamonds Ring. All Rights Reserved.